第28回読売演劇大賞ノミネート発表

1月21日に第28回読売演劇大賞(主催・読売新聞社、後援・日本テレビ放送網)のノミネートが発表されました。 スタッフ賞に当協会員の乗峯 雅寛「プレッシャー-ノルマンディーの空-」「ミセス・クライン」の美術と 前田 文子「 […]

第4回 スタディ会員のためのリモートトーク

  第4回リモートトークは終了しました。 針生さん、ありがとうございました。 また、ホストの二村さんはじめ、ご協力いただいた方々、参加していただいた方々ありがとうございました。 トークの模様はまた改めて記載しますので、ご […]

2021年 伊藤熹朔賞開催中止のお知らせ

  一般社団法人 日本舞台美術家協会はこの度の新型コロナウイルス感染症が拡大している緊急事態を受け、 協会参加者と関係者および来場者の健康・安全面を第一に考慮した結果、 今年開催を予定しておりました「伊藤熹朔賞 […]

著作権シンポジウム&セミナー

著作権セミナー&シンポジウム 2020年11月28日にJATDT主催による著作権のセミナー・シンポジウムが行われました。 第一部の著作権セミナーでは弁護士の福井健策氏による著作権にまつわる色々な話を紹介。「どんな […]

作品集 2020 準備中

4年に1冊発行しています作品の最新版「JAPAN STAGE DESIGN 2020」の出版を準備中です。どうぞご期待ください。

「触る模型」の紹介

「触る模型」って何でしょう?JATDTでは視覚障害を持つ方々により舞台を楽しんでいただける様、社会貢献に努めています。興味のある方はぜひのぞいてください。 触る模型について >>

「Buvile」の紹介

JATDTではにっぽん舞台(Bu)美術(Vi)歴史(Le)委員会(通称:Buvile)を発足しました。歴史を紐解き紡ぎ伝えていくことを目的として様々な活動をしています。 Buvileのページ&冊子購読はこちら […]

PQ 2019への参加 

チェコ共和国の首都プラハで4年に1度、世界70か国以上の国々の舞台芸術者が一堂に集まり、発表を行う国際的なイベントです。