文化庁の「文化芸術活動の 継続支援事業」

第3次募集は,9月30日(水)までで受付を終了しました。なお,本事業の延長については要望があることから,追加募集を行うこととしました。今後詳細を検討し,発表します。〜文化庁「文化芸術活動の継続支援事業」 サイトより

協会賞:伊藤熹朔賞 中止のおしらせ

本年度の伊藤熹朔賞は、新型コロナウイルス感染症が拡大している状況を受け、参加者および関係者の健康・安全面を第一に考慮した結果、開催を中止することにいたしました。

作品集 2020 準備中

4年に1冊発行しています作品の最新版「JAPAN STAGE DESIGN 2020」の出版を準備中です。どうぞご期待ください。

「触る模型」の紹介

「触る模型」って何でしょう?JATDTでは視覚障害を持つ方々により舞台を楽しんでいただける様、社会貢献に努めています。興味のある方はぜひのぞいてください。

第63回全国高校演劇宮城大会 舞台技術講習会レポート

去る8月1日~8月3日に、仙台イズミティ21において『第63回全国高等学校演劇大会』(主催:全国高等学校演劇協議会)が開催され、その一環として昨年に引き続き「舞台技術講習会」が行なわれました。7月29日に講師が現地入りし […]

第64回 全国高校演劇大会 (長野大会)  技術講習会報告

去る8月5日~8月9日に、サントミューゼにおいて 『第64回全国高等学校演劇大会』 (主催:全国高等学校演協議会)が開催され、その一環として昨年に引き続き「舞台技術講習会」が行なわれました。8月4日に講師陣が現地入りし、 […]

第65回 全国高校演劇大会 (佐賀大会)  技術講習会報告

去る7月26日~7月29日に、鳥栖中央公民館ホールにおいて『第65回全国高等学校演劇大会』(主催:全国高等学校演劇協議会)が開催され、その一環として昨年に引き続き「舞台技術講習会」が行なわれました。7月25日に講師陣が現 […]

「Buvile」の紹介

JATDTではにっぽん舞台(Bu)美術(Vi)歴史(Le)委員会(通称:Buvile)を発足しました。歴史を紐解き紡ぎ伝えていくことを目的として様々な活動をしています。