第13回 学生との共催。学生(ミライのヒト)と協会員(イマのヒト)が共同し、フィジカルアートの要素を持ったパフォーマンスを学生自らが考案。