第12回 「舞台美術家はまず表現者であるべきだ」という、フィジカルアートの要素を持った舞台美術家によるパフォーマンス公演を発表。現地で観劇出来なかった日本の演劇関係者に熱望されて、帰国後東京芸術劇場前で凱旋公演を行う。