第10回 大量の割り箸を使用したオブジェをシンボルとして制作。