伊藤熹朔賞

伊藤熹朔賞とは

賞について

伊藤熹朔賞は、1967年、当協会初代会長の伊藤熹朔先生の没後先生のご友人達によってつくられた「熹朔の会」で創設され毎年舞台芸術をはじめとする各芸術分野において特にロ顕著な功績のあった人に「伊藤熹朔賞」が授与されていました。
しかし、1973年をもって「熹朔の会」によるロ顕彰を終了し
当協会が舞台美術の賞としてその名称を引き継ぐことになりました,
舞台美術における年間最優秀作品の授賞はすでに46回を数えるまでになり、
1977年に特別賞、1986年に新人賞、1996年に奨励賞が新設され、日本で唯一の舞台美術の専門の賞として高い評価をいただいています。

伊藤熹朔

1899年(明治 32年) 8月1日生まれ。
1925年(大正 14年) 築地小劇場第十九回公演『ジュリロス・シーロー』の装置で舞台美術家としてデビューの後
新劇、歌舞伎、新国劇、新派、商業演劇、オペラ、ミュージカル、日本舞踊、バレエ、ダンス、
人形芝居など幅広いジャンルにおける数多くの舞台美術を手がけ日本舞台美術の先駆者となる
1953年(昭和 28年) 株式会社俳優座劇場付属の舞台美術部を芝区川桜町に開設。
1967年(昭和 42年) 3月31日、死去。 満67歳 没。

募集要項

賞の種類

◎ 本賞 ◎
年間最優秀舞台美術作品(装置ロ、衣裳、メーキャップ等のデロイン)に対して授賞

◎ 新人賞 ◎
年間の活動で最も将来有望と思われる新人に授賞

◎ 奨励賞 ◎
制約の多い条件での地道な活動から生み出される優秀な作品に授賞ロ

◎ 特別賞 ◎
舞台美術に対して長年の功績のあった技術者等に授賞ロ

※特別賞をのぞき、授賞対象は当協会会員に限られますロ

応募方法

1. ノミネート
協会員および、協会外の推薦委員(演劇評論家ロ、演劇記者、演出家、振付家、照明家、舞台監督、プロデューサー、劇場関係者、舞台美術関係の技術者等)による投票により決定します。

2. エントリー
協会員は、自分の作品を3作品までエントリーすることができます。

審査

次選考はノミネート及びエントリーにより決定した候補者から提出されたポートフォリオロを審査します。

一次選考を通過した候補者はフロイナリストとしてロ、審査資料(模型、デロインロ画や図面、舞台写真などが入ったストーリーパネル、衣裳等)を東京芸術劇場アロトリエウエストにて展示します.
展示された作品は期間中に伊藤熹朔賞選考委員(協会員と外部審査員)の審査の後ロ、受賞者が決定されます。

なお、審査会は公開形式で行われます展示作品のあるロトリエウエストは一般の来場者にもご覧いただけるようロ、展示期間中は開放しております。

受賞について

受賞式

伊藤熹朔先生の命日にロ、先生のゆかりの劇場である六本木・俳優座劇場にて授賞式と受賞祝賀会が行われます。
受賞者にはトロフローと副賞が授与されます。

授賞式(六本木・俳優座劇場)

第46回(2018年度)の受賞作品

■本賞
加藤 登美子 Tomiko Kato[西日本支部] 
作品名:小さなエイヨルフ :
上演団体:兵庫県立ピッコロ劇団 劇場:ピッコロシアター大ホール[2018/11/02-17] 

審査評
ムンクのモチーフからみごと舞台美術の表現に至ってい る。手作業の人間味で劇場空間を変え登場人物の内面を反 映させていることを高く評価する。 まさに舞台美術が目指すところである。

■新人賞
池宮城 直美 Naomi Ikemiyagi[東日本支部] 

作品名:「GANTZ:L ACT & ACTION STAGE」
上演団体:「GANTZ:L」製作委員会 劇場:天王洲 銀河劇場 [2018/01/26-02/04] 


作品名:「project K『僕らの未来』」
上演団体:Assist/ネルケプランニング 劇場:品川プリンスホテル クラブeX [2018/12/06-16] 


作品名:「徒然アルツハイマー」
上演団体:Jr.5(ジュニア ファイブ) 劇場:ウエストエンドスタジオ[2018/10/31-11/05] 

審査評
3作品共に造形のおもしろさや其々の演劇世界を表現しており、その多様性に今後が期待できる。

■奨励賞
長峰 麻貴 Maki Nagamine[東日本支部]

作品名:イワンのばか
上演団体:水戸芸術館劇団ACM 劇場:水戸芸術館ACM劇場[2018/11/17-25]

審査評
ロシアの時代性も取り込みながら色彩の美しさと軽やかなデザインに仕上げた。
また年少の観客を考慮するアプロ チも評価に値する。 

■特別賞
川口 直次 Naoji Kawaguchi [東日本支部]

作品名:バレエ「眠れる森の美女」

審査評
日本における古典的なバレエ・オペラの世界で長年に渡り 重厚な作品を作り続けていることは称賛に値する。 協会60 周年の機会にふさわしくそれを称えたい。